子供の病気や女性特有の悩み、男性の育児など、育児・子育てをしているパパ・ママに役立つ情報が満載

すくすくネット こどもを心豊かに育てるためのインターネット放送

 すくすくネット トップサイトマップ準備中ですRSS
最新ユーザーニュース
サイト内検索
健康
おたのしみ
育児日記
まなび
コミュニケーション
こどもの病気
子供の病気に関する症状や対処法を「ベビーエイジの3歳までにかかりやすい病気」から抜粋しています。

○突発性発疹

生後4カ月ごろから1歳ごろまでの赤ちゃん時代に代表的な病気です。
ウイルスによる感染症ですが、感染力は弱く流行もしません。2回以上かかる赤ちゃんもいます。

■症状と経過

  • いきなり39度前後の熱が
    急な発熱から始まるのが特徴で、生まれて初めての発熱をこの病気で経験する赤ちゃんも多いようです。
    熱は39度前後の高熱が出ます。鼻水やせきなどのかぜのような症状はほとんどなく、熱が高いわりには、赤ちゃんの機嫌はそれほど悪くありません。
    多くは食欲もありますが、赤ちゃんによっては飲みが悪くなったり、夜泣きをすることも。下痢を伴うケースもかなりあります。

  • 熱が下がり同時に発疹が
    高いまま2〜3日続いた熱は突然下がり、ほぼ同時に発疹が出ます。熱のある間は発疹は出ず、下がるのを待っていたかのように出るのです。
    この時点でようやく突発性発疹の診断がつけられます。
    発疹は赤くて細かく、顔と胴体を中心に出るのが特徴です。部分的に出ることもありますし、全身に出ることもあります。
    2〜3日で徐々に茶色いしみになって消えていきます。かゆみなどを伴うことはありません。
    下痢があった場合も、4〜5日で治まります。

 ■病院へ行く目安

  • 発熱したらまずは受診
    発熱だけでは何の病気か分かりませんが、診察時間内に受診しましょう。
    夜間に発熱した場合は、赤ちゃんの機嫌が悪くなければ翌朝まで待って受診すればいいでしょう。
    ただ、突然高熱が出るので熱性けいれんを起こす赤ちゃんも見られます。
    発熱に伴うけいれんは心配のないことがほとんどですが、初めてけいれんを起こしたときは、その日のうちに受診を。

  • 発疹が出たら、再度受診を
    熱で受診したあとでも、熱が下がって発疹が出たら念のため再度診てもらって他の発疹が出る病気と区別をつけてもらいましょう。
    突発性発疹と診断された場合でも、もしその後熱がぶり返したり、新たな症状が出てきたときは、別の病気に感染した可能性もあるので、もう一度病院で診てもらいましょう。

■おうちでの看護

  • 高熱の間は水分を充分与えて
    熱が高い間は水分補給を第一に心がけましょう。
    突発性発疹は比較的食欲が落ちないことが多いので、ミルクや飲み物を与えれば飲むことが多く、急に脱水症を起こすことはまれですが、発熱したときはこまめに水分を与えるようにしてください。
    ただ、ミルクや母乳がいつもどおりに飲めていて、おしっこも普通に出ている、他の飲み物を与えても欲しがらないというときには水分は足りていると考えていいでしょう。
    このような場合は、「何か飲ませなくては」と神経質にならなくても大丈夫です。

  • 発熱時のくるみすぎは×
    赤ちゃんが初めて発熱したときは、熱があるというだけで不安になり、着せこんだり布団を多めにかけたりしまいがち。
    けれども熱のために体がほてっているときは、くるみこむとかえって熱がこもってしまいます。熱があるときこそ、涼しくしてあげましょう。
    衣類や布団はいつもと同じか、汗ばんでいるようなら薄手のものにしたり、1枚少なめにしてもいいですね。
    汗をかいたらすぐに着替えさせてあげるのも大事です。
    汗ばんだ体は、お湯でしぼったタオルでふいてさっぱりさせてあげたいですね。

  • 続けて解熱剤を使うときは間隔をあけて
    赤ちゃんが38.5度以上の高熱のために苦しそうな様子だったら、解熱剤を使ってもいいでしょう。
    続けて使うときは3〜4時間以上間隔をあけます。間隔をあけずに使うと逆に熱が下がりすぎる可能性があるので、必ず用法に従って使うようにしてください。
    解熱剤を使ったときは急速に熱が下がり、同時にたくさん汗をかくので着替えはこまめにします。
    襟元から背中にかけてガーゼをはさみこんで汗を吸わせてから抜き取るのも一つの方法です。
    赤ちゃんが嫌がらなければ、冷やしてあげてもいいですね。

  • 食欲があればいつもどおりの授乳や離乳食を
    下痢を伴っている場合でも、食欲があれば授乳はいつもと同じでかまいませんし、離乳食も与えます。
    ただ離乳食は、でんぷん質中心の消化のいいものにして、普段よりも水分を多くした柔らかい調理形態にし、脂質やたんぱく質を多く含む食品は控えるようにしましょう。
    食欲が落ちた場合は、無理に食べさせようとせず水分をこまめに与えて。食欲が出てきたら欲しがるだけ与えるようにします。
「ベビーエイジの3歳までにかかりやすい病気」から抜粋
著作者の方へ内容についてお伺いしたいことがありますので、
ご連絡をお待ちしております。
広島ホテル パークサイドホテル広島平和公園前
広島市安佐南区 注文住宅なら 株式会社大喜
南天堂
こどもの病気一覧
アンケート
爺ちゃん、婆ちゃんの育児参加について
ぜひ参加して欲しい
育児は自分たちでしたい
任せっきり
不安があるときだけアドバイスを受けたい
特に考えたことはない
子どもを守るのは誰?(複数選択可)
父親
母親
おじいちゃん
おばあちゃん
学校や幼稚園の先生
地域の人
周りにいる人すべて
オススメBOOK
Amazon

個人情報保護方針